学校運営方針

<学校教育目標>
  豊かな心をもち 高め合い たくましく生きる児童の育成

<目指す子供の姿>
  
やさしく かしこく たくましく ~知・徳・体の調和のとれた子供~

<今年度の重点目標>
  豊かに学び合い、進んで表現しようとする児童の育成
 【豊かな心を育む】
  ・道徳の時間を要とした道徳教育、いのちの教育の推進
  ・自然体験活動や異学年交流、ボランティア活動の推進による思いやりの心の育成
  ・読書活動やあいさつ運動等の活動を通した豊かな心の醸成
 【確かな学力を付ける】
  
・「分かる・できる・楽しい」授業の推進
  ・基盤となる学習規律の確立(「すてきッズ学び7」の徹底)
  ・基礎的・基本的な知識・技能の習得(「スキルアップタイムの充実)
  ・家庭学習の定着(「家庭学習の手引き」の作成)
 【健康な体をつくる】
  ・心身ともに健康で安全な生活を送る態度の育成
  ・「チャレンジ3015」の取組を通した進んで遊んだり運動したりしようとする意欲の向上