やるキッズカード

3学期のやるキッズ週間が終わり、やるキッズカードにがんばった自分の振り返りをしました。めあてを守れた日は赤、守れなかった日は青で示し、一週間を通しての感想を書きます。こういうことを通して自分を見つめ、次の成長につなげるのです。そして、何よりもありがたいことに、保護者からの願いや励ましがびっしり書かれています。これが勇気百倍!今年度もあと一か月、100%のやるキッズへ向けてがんばるぞ!!
  

2月のお話し会

2月のお話し会では、作:齊藤隆介さん、絵:滝平二郎さんシリーズの本を読んでいただきました。「花さき山」「半日村」「ソメコとオニ」「かみなりむすめ」の4冊です。どの本も心に染みて考えさせられる物語で、太田っ子はしっかりと聞き入っていました。「花さき山」を聞いたある子が「私は時々いじわるをしてしまう。花さき山に花が咲くかわからないけど、これからは優しく接して、たくさん花を咲させたい。」と感想を発表してくれました。みんなの前で発表して思いを伝えてくれたあなたの心に、きれいな花が咲きましたよ。

大縄8の字とび大会

太田っ子タイムの時間を使って、健康委員会が「大縄8の字跳び大会」を行ってくれました。下学年と上学年に分かれ、運動会の色団でチームをつくり、2分間で何回大縄を跳べるか競いました。体力と協力性が求められます。下学年は赤団、上学年は黄団が優勝しました。やはり、大きなかけ声をかけてまとまった団に軍配があがったようですが、どの団も一生懸命に練習した成果を発揮していました。また、下学年は上学年に「がんばれ!」とか「しっかり!」とか大きな声で応援し、結果発表のときは互いのがんばりに対する大きな拍手が起きるなど、太田っ子のやさしさやまとまりがたくさん伝わってくる大会でした。健康委員会の皆さん、ありがとう!!

卒業を祝う会 招待状づくり(2年、図工)

3/1の「卒業を祝う会」へ向けて、2年生は招待状づくりに取り組みました。お世話になった6年生への感謝の思いを込めて、熊の形に切ったり目や鼻をかわいらしく描いたりして、ていねいに作りました。たくさんの作業があって大変だけど、6年生に喜んでもらえたらうれしいな。

今年度最後の委員会

今年度最後の委員会は、6年生から5年生に進行がバトンタッチされました。

前日に、担当の先生に委員会の内容を確認しに行ったり、6年生が見守る中、話合いを進めたりしました。

少しずつ、最高学年になる5年生の自覚が高まっていきます。

保健学習 けがの手当(5年)

養護教諭の山本先生と一緒に、保健に関しての「けがの手当」について学習しました。

鼻血とやけどの手当の仕方を話し合った後は、すりきず、切り傷、つき指の3つのけがについて、自分のできる手当をペアになって実習しました。

2月の食19(育)丼!

19日は、食育の日です。高岡野菜の豆っ子丼、青菜のおひたし、わかめのスープ、リンゴとにんじんのトミタンゼリーをいただきました。

「高岡野菜の豆っ子丼」には、高岡産の人参としいたけが入っていました。寒い季節に地元産の野菜を食べられることに感謝したいものです。

また、「リンゴとにんじんのトミタンゼリー」は、富山短期大学食物栄養学科の学生さんが、高岡特産の国吉りんごと人参を使って考案したゼリーだそうです。「おいしいね」と子供たちにも好評でした。

卒業を祝う会実行委員会

3月1日の「卒業を祝う会」へ向けて、5年生を中心とした実行委員会が準備をしています。6年生に対して「ありがとう」という感謝や「おめでとう」という祝福の気持ちを表そうと、話し合いが行われました。集会の名前を決めようと、それぞれの学年で考えてきたものについての意見を発表し、最後は「今までありがとう、そして卒業おめでとう集会」に決まりました。6年生が喜んでくれるにはどうしたらいいか、一生懸命に考え行動する太田っ子です。

第3回ハーモニー集会

太田っ子タイムの時間を使って、ハーモニー集会が行われました。手話で歌う「ありがとうの花」、軽快なリズムダンスの「アロハ・エ・コモ・マイ」も、3回目とあって子供たちはマスターしつつあり、元気よく歌い踊っています。今日の進行は4年生、出し物は1年生の「やまびこごっこ」と5年生の「ダンスのポイント」でした。このハーモニー集会を通して、音楽の楽しさとクラスで協力することの大切さを学ぶことができました。太田っ子は、これからもどんどん飛躍・成長していきます。
  

 

1 2 3