給食週間4日目

今日の献立テーマは、「おもてなし 日本 東京オリンピック」です。

外国から来られた方をもてなすような和食の献立です。ごはん、しろえびのかき揚げ、五輪あえ、すき焼き煮、アップルシャーベットをいただきました。

日本では、海外から多くの物を取り入れる伝統があり、天ぷらは江戸時代に、すき焼きは明治時代に外国から入ってきた料理からうまれたと言われています。今では、和食の一つとみなされるようになりました。

ここでクイズです。「天ぷらのもとになった料理は、どこの国から伝えられたのでしょう?」

①スペイン

②ポルトガル

③オランダ

答えは、おうちで聞いてくださいね。

調理員さん 1年教室訪問!

1年教室に、調理員さんが来てくださいました。

好きな献立を知らせたり調理員さんに質問したりしました。「野菜はどこから来るのですか?」「仕事でうれしいのは、どんなときですか?」など、日頃疑問に思っていることを聞いていました。

朝早くから作り始めていることや食べやすくするための隠し味のことなどを知り、ますます給食が好きになったようです。

体力づくり

雪が降って体を動かす場が少なくなるこの時期、でもたくましくなりたい太田っ子は、体力づくりにがんばっています。5・6年生は朝に体育館でランニングです。体がポカポカあったかくなり、頭もスムーズに働きます。下学年は、多目的スペースで縄跳びです。「二重跳びできるようになったよ!」と教えてくれました。しっかり体力をつけて、かぜやインフルエンザを吹き飛ばせ!!