犬棒かるた(生活科 2年)

2年生が礼法室で「犬棒かるた」にチャレンジしました。かるたをして楽しみながら、格言やことわざに触れることができます。最初はおしゃべりの声が止まらないこともありましたが、だんだんと切り換えが早くなり、みんな真剣な表情で取り組んでいました。先生がかるたを読むときの聞く姿勢や、同時に取った場合のルール等、大切なことも学ぶことができました。
 

犬の鳴き声が国で違うのは

昨日の始業式のお話で、校長先生が「世界の国では犬の鳴き声の呼び方が違います。理由を知りたい人は校長室へ聞きに来てください」と言われました。早速、3年生の男子と4年生の女子がやって来ました。話を聞いて納得した顔の子もいれば、まだよく分からないという表情の子もいました。でも、知りたいと思うことはかしこくなる第一歩です。疑問に思ったことは、しっかり話を聞いたりじっくり調べたりして、どんどんかしこい太田っ子を目指しましょう!ちなみに、この答えを一言で表せば、「各国で犬の扱い方が異なるから・・・」らしいです。
 

始業式、校内書き初め大会

 いよいよ3学期が始まりました。始業式では、まず「明けましておめでとうございます」と全校で新年のあいさつを交わし、戌年らしくワンダフルな一年にしようという気持ちをもちました。その後、3年生以上は体育館で、1・2年生は教室で書初大会です。体育館では正座をして心を落ち着かせてから、静かに書き始めました。
  

1・2年生も各教室で真剣に書いています。冬休み中の家での練習の成果を精一杯発揮しようと、ていねいに心を込めて完成させました。賞に入っても入らなくても世界に一つしかないオンリーワンの文字。自分の作品が左義長で天高く舞い上がり、さらに上達するといいですね!
   

1 2 3 4